■キリスト教を学ぶ会■

毎月2番目の水曜日 午後7時15分

*次回は8月9日(途中参加も可能です)

 

キリスト教、聖書に関心のある方なら教会が初めての方も洗礼を受けている方もどうぞ。

学びの後、お茶を飲みながら言いたいこと,聞きたいこと等も安心して言える会にしたいと思っています。

 


■主日礼拝■

毎週日曜日 午前10時45分~正午


白亜の礼拝堂、毎週日曜日の朝、パイプオルガンの荘重な音楽が奏でられます。

厳かな響きは神のご臨在をおぼえます。その中で主の十字架を見つめつつ、祈り、讃美、そして神の言葉としての聖書朗読、そして説教に傾聴し、やがて再び、一週間の生活の場へと遣わされます。

礼拝では、讃美歌21、新共同訳聖書、交読詩編を用いますが、すべて教会に備えがありますので、ご安心ください。

階段昇降機、車いす、点字聖書の用意もあります。


こちらが階段昇降機です。会堂へのゆるやかにカーブした階段の昇降機と、階下(トイレや集会室)への階段へのものと、2機あります。


■こどもの教会■

毎週日曜日 午前9時30分~10時30分

 

こどもと、そのご家族のための礼拝と分級です。

礼拝では、こどもさんびか改訂版、新共同訳聖書が用いられますが、すべて教会に備えがありますので、ご安心ください。

 礼拝後、10時から30分ほど、分級をします。聖書の勉強や工作、クッキング、さんびかの練習、紙芝居、読み聞かせなどプログラムは多彩です。

 こどもの教会は、牧師はもとより、リーダーと呼ばれる教会員が礼拝や分級などのプログラムを考えています。

初めて教会に来た時はまだ幼児だった子が今はもう中学受験、、こどもの成長の早さに目を瞠り、とてもうれしく思います。 

こどもたちの成長の節目節目で幼児・児童祝福の祈りなどを礼拝の中でささげ、神さまに感謝して、喜びをみんなで分かち合います。

教会に来るこどもは神さまについて学びつつ、学校、地域のお友だちとはまた違う出会いの時と場を持ちます。

そして「知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛され」(ルカによる福音書2:52)て成長して行くのです。

 


■聖書研究・祈り会■

毎週水曜日 午前10時30分~11時30分

 

お祈りに先立ち、聖書の輪読と、牧師による講解があります。

その後、出席者が随時、次週の主の日の礼拝のため、隣人の救い….等々、自由に、お一人おひとりの言葉でお祈りします。けっして言葉を整えることなど不要です。お祈りのあと、しばらくお茶やお菓子をいただきながら、信仰のことはもとより、日毎の生活のことなど和やかに歓談の時間を過ごします。

*8月23日(水)・8月30日(水)は休会です。